メバリングでエギングロッドは使える?→フロートリグとの相性は抜群!!

今回は、何かと凡庸性が高いとされているエギングロッドを使い、メバリングを楽しむことはできるのか?という点について、まとめていこうと思います。先に結論を言うと「エギングロッドはメバリングで最適ではない」というのが答えではありますが、使い方によってはメバリングロッドよりもエギングロッドのほうが扱いやすい場面もあるため、その辺りを考慮しお読み頂ければと思います。

エギングロッドでのメバリングは、ジグ単での釣りとは絶望的に相性が悪い

そもそも、エギングロッドでメバリングを楽しむことができるのか?という点ですが、その結論としては「できないことはないが、最適ではない」と言えます。正直な話、エギングロッドでまともにメバリングを楽しむことは無理と言えるため、よっぽどのことがない限り、メバリング用としてエギングロッドを揃える意味はないでしょう。

というのも、メバリングでは1g前後の軽量ジグヘッドを使うことが多くなり、ほとんどのケースで〜3g程度のリグを扱うことになります。エギングロッドの推奨ルアーウエイトは7g〜程度がスタンダードであるため、まず飛距離が伸びませんし、1g前後のジグヘッドでは操作性が悪く「何をしているのか分からない」ということになるのが火を見るより明らかです。

 

そのため、1g前後のジグヘッドを使ったメバリングを楽しむときは「エギングロッドは使えないもの」と認識しておくほうが無難であり、エギングのついてにちょっとだけメバリングを・・・というケースでもない限り、メバリング専用ロッドを揃えることをおすすめします。

フロートリグでの使用は◎

ただし例外がありまして、ジグ単でのメバリングとエギングロッドの相性は最悪ですが、フロートリグやキャロライナリグ、スプリットショットリグなど、所謂「飛ばしウキ」的なリグを用いてのメバリングを楽しむのであれば、エギングロッドはこれ以上ない武器となるでしょう。操作性、キャスト時の振り抜け、感度、どれを見ても、有効的にメバリングを楽しむことが可能です。

ゴロタ浜やサーフなどからフロートリグをぶっ飛ばしてメバルを狙う・・・そんなシュチュエーションであれば「エギングロッド×メバリング」は非常に相性が良いと言えるため、どうしてもエギングロッドでメバリングを楽しみたい・・・そう考えるのであれば、フロートリグとの組み合わせで使ってみることをおすすめします。

■メバリングにおすすめのフロートリグ

アルカジックジャパン(Arukazik Japan)

プラグでの使用も考慮しよう!

エギングロッドでメバリングを楽しむときは「ジグ単との相性→☓」「フロートリグとの相性→◎」となりますが、もう1つ、プラグでのメバリングでも活用することができます。相性で言うと、「プラグでのメバリング→○」ぐらいですね。

ただし、前述した通り、エギングロッドは推奨ルアーウエイトが7g〜程度であることが多いため、メバリング用にリリースされているプラグだと、どうしても操作性が悪くなってしまいます(メバリング用プラグは平均して3g程度であることが多い)

 

では、エギングロッドでメバリングを楽しむときは、どのようなプラグを使うのが一番なのか?という点ですが、「シーバス用」にリリースされているルアーを使うことで、より操作性良く、エギングロッドでのメバリングを楽しむことが可能です。シーバスルアーでメバルが釣れるの?と不安を覚える人も多いでしょうが、経験上8cm程度のルアーであれば問題なくメバルを釣ることができるため、問題ありません。

ただし条件があり、シーバスプラグでメバルを狙うときは「メバルがバチや小魚を捕食しているとき」に限ります。アミなどプランクトンを捕食しているときは恐ろしく無反応であることが多いため、状況を見極めた上、プラグでのメバリングを楽しんでみてはどうでしょうか?

エギングロッドと相性抜群なプラグ

数あるシンキングペンシルの中でも、伝説級となっているルアーが「ラッキークラフト ワンダー」です。ライトゲーム用に50サイズも出ていますが、エギングロッドで扱うのであれば、80サイズが良いでしょう。抜群の飛距離とそのポテンシャルで、メバルの数釣りが可能です。

ワンダーと似た形をしていますが、バスディ SPM75も立派なメバルハンターです。巻きでのロールアクションも最高ですが、フォール中のアクションでのバイトが多いため、巻いて止めてを繰り返す「ストップ&ゴー」で使うとより良いです。

全力でメバリングを楽しむのなら、メバリング専用ロッドを揃えるのが一番!

ジグ単とは相性が悪く、フロートリグやプラグであればエギングロッドでもメバリングを楽しむことができる!とは言ったものの、本気でメバリングを楽しむのであれば、迷うことなく専用のメバリングロッドを揃えておくことをおすすめします。メバリングロッドは1g前後のリグを扱うことに長けていますし、何より操作性が火を見るより明らかに向上するため、釣果面で明らかな差が出ることでしょう。

特に高価なロッドを買う必要もなく(よりこだわりを持ちたいときはハイエンドクラスのロッドがおすすめですが・・・)、1万円ほどで売っているエントリークラスロッドでも3年、4年と長く使うこともできるでしょうし、「とにかく長くメバリングを楽しみたい」そのような気持ちがあるのなら、財布の紐を少しだけ緩め、奮発してみてはどうでしょうか?

■コスパ抜群のメバリングロッド!

関連記事一覧