ライトゲームに「タモ」は必要?アジング、メバリングにおけるランディングネットの考え方

アジングやメバリングで釣れる魚のサイズは〜30cmまでのものが中心で、多くの場合「抜き上げ」によるランディングが主となります。そのため、アジングやメバリングなどのライトゲームでは「タモ(ランディングネット)は必要ない」とされていますが、果たして本当にライトゲームにタモは必要ないのでしょうか?

ライトゲーム歴15年の著者が、ライトゲームにタモは必要?の真相に切り込みます。

不意の大物や外道対策にタモはあったほうが便利

アジングやメバリングを楽しんでいると、不意に40cmのアジや30cmのメバルなど、ビックワンと呼べる大物がヒットすることが良くあります。このような大物を無理に抜き上げるとラインブレイクによるバラシや、ロッドの破損などに繋がってしまうため、大物対策としてもタモを持っておくほうが良いと言えるでしょう。

また、ライトゲームではアジやメバルだけでなく、シーバスやチヌ、40cmを超える根魚や真鯛など、多種多様な外道が釣れることもあり、そのようなサイズの大きな外道がヒットしたときは、高確率でキャッチすることができなくなってしまいます。タモさえあれば嬉しい外道も難なくキャッチすることができるようになるため、その面を見ても「ライトゲームではランディングネットを(念の為)持っておいたほうが良い」と言えますね。

▼合わせて読みたい
アジの口切れバラシについて

テトラ帯などのポロリ防止にも役に立つ

テトラ帯など、足場の悪い釣り場でメバリング、アジングを楽しむときの鬼門となるのが、釣り上げた後に魚を落としてしまう所謂「ポロリ」です。せっかく釣り上げた魚をテトラの隙間へオートリリースしたときの悲しさは底知れませんし、海でない場所に落としてしまうと無駄な殺生を行ってしまうことにもなるため、テトラ帯などで釣り上げた魚をしっかりキャッチするために「キャッチネット」などのタモを用意しておくと捗ります。

後ほど紹介しますが、腰にぶら下げておくライトゲーム用のキャッチネットが数多くリリースされているため、そのようなツールをゲットしておき、無駄なポロリを避けるようにしておくほうが良いですね。

▼合わせて読みたい
テトラ帯でメバリングを楽しむ基本

軽量化されたライトゲームに特化したタモが便利

アジングやメバリングで使うタモですが、基本的には60cmまでの魚が入るネットを用意しておけばオッケーです。あまりに大きなランディングツールだと持ち運びが大変ですし、せっかくライトに手軽な釣りを楽しむことができるライトゲームを楽しむときに、重たいランディングツールを背負うには理に適っていませんからね。

ライトゲーム用のタモを用意するときは「大きさ」「重さ」「持ち運びの楽さ」を考慮し、より最適なものをセレクトすることがおすすめです。

こんなにあるの!?ライトゲームに特化したランディングツールまとめ

最後に、ツリネタ編集部おすすめのアジング、メバリングに特化したおすすめのタモ(ランディングツール)(キャッチネット)を紹介していきたいと思います。最近では数千円程度でリーズナブルに購入することができるランディングツールが増えてきたため、予算の都合が付くのであれば、ぜひ揃えておき、来る大物ゲットのチャンスに備えておくことをおすすめします。

バッカニア ジャベリンライト
バッカニア ジャベリンライト
ツリネタ編集部で今大人気となっているランディングツールが「バッカニア ジャベリンライト」です。とにかくリーズナブルな価格設定の割に性能が良く、3mちょいの伸縮幅があるため、足場の高い場所でもランディングもお手のものです。アジやメバルを確実に取ると言うよりは、シーバスやチヌなどの外道を確実に取るためのツールとなるため、大きな外道が良くヒットする場所でライトゲームを楽しむ場合、ジャベリンライトを検討してみてはどうでしょうか?

プロックスAJネット

プロックスからリリースされているキャッチネットで、腰にぶら下げておき、釣り上げた魚をキャッチするためのツールとなっています。伸縮幅がないため、足場の高い場所での大物キャッチは不可能ですが、テトラ帯など足場が悪い場所でアジング、メバリングを楽しむときは非常に重宝することになるでしょう。

プロマリン ランガンランディングセット250
プロマリンからリリースされている伸縮幅のあるランディングツールで、文字通りランガンするときに適したランディングツールとなっています。250cmまでの高さに対応しているため、ちょっとした堤防などでのランディングに便利なネットです。

ゴールデンミーン キャッチネット

ツリネタ編集部でも愛用者の多いキャッチネットです。腰にセットするタイプのランディングツールとなり、最初からカチッと方式のスパイラルコードが付いているため、非常にコストパフォーマンスの高いランディングツールとなっています。見た目もおしゃれですし、敢えておすすめのキャッチネットを勧めるのであればこのキャッチネットが有望株と胸を張っておすすめすることができます。

関連記事一覧