メバル・アジアイテム

スミス「ジグヘッドタケちゃん」は鬼掛けメバル用ジグヘッド!その詳細をまとめてみる

  • 閲覧数:182

出典:スミス

今回はスミスよりリリースされています「ジグヘッドタケちゃん」のご紹介。ジグヘッドタケちゃんはメバル用に開発されたジグヘッドであり、細軸でありショートシャンク仕様となっており、またオーナー製フックを採用し、針掛かりが抜群のモデルとなっています、細軸ということもあり、30cm近いラージメバルを釣るに適したジグヘッドではありませんが、アベレージサイズのメバルを釣るにはこれ以上ない専用設計となっています

このページではスミス「ジグヘッドタケちゃん」の詳細をまとめていきます

ジグヘッドタケちゃんはコンパクトなメバル設計ジグヘッド!ヘッド形状による不規則フォールアクションでメバルを狙おう!

ジグヘッドタケちゃん

出典:スミス

何度も言うように、ジグヘッドタケちゃんは「メバル狙いに特化したジグヘッド」となっているため、主にメバリングにて活用することをおすすめします。もちろん、アジングなどに流量可能ではありますが、アジングはアジングでアジング専用設計のジグヘッドが他にあるため、そちらを使うほうがパフォーマンス良き釣りを楽しむことができるでしょう

ジグヘッドタケちゃんの特徴として「ヘッド形状」が挙げられます。メバルに丸呑みされやすい設計された形状となっており、一番の魅力はこのヘッド形状による【フォールでの不規則アクション】です。リトリーブやフォールの際、ヘッドが水を受けることにより不規則アクションを生み出してくれ、ちょっとした変化によるリアクションバイトを狙えるため、例えばただ巻きの中にフォールを入れる・・・このような使い方をするときに、ジグヘッドタケちゃんはそのパフォーマンスを発揮することができるでしょう

ショートシャンク、ラージアイも魅力的!

出典:スミス

スミス「ジグヘッドタケちゃん」は細軸のショートシャンク仕様となっており、大きなメバル狙いには適していませんが、アベレージサイズのメバルを釣るための最適設計となっています。ショートシャンクによりワームへの針刺しが楽になったり、ワームの可動域が増えることによるアピール力の増大などに繋がります。メバリングにおいてはロングシャンクよりもショートシャンクのほうが使用頻度が高く、また向いていると言えるため、この仕様は嬉しいところですね

また、ラインアイが大きく、直で結ぶときもそうですし、スナップの装着も楽々です。稀にラインアイが小さくスナップ使用に対しストレスが溜まる、そもそもスナップを使えないジグヘッドもあるため、ジグヘッドタケちゃんのこの仕様は使う側として嬉しい限りです

ジグヘッドタケちゃんの詳細

詳細
スペック
1.2g/1.8g/2.3g
ウエイト
3色
ヘッドカラー
ラージラインアイ・ショートシャンク・ヘッド形状
特徴

ジグヘッドタケちゃんの使い方

1

ジグヘッドタケちゃんは〜2インチのメバリングワームとの組み合わせで使う

2

ジグヘッドタケちゃんのウエイトラインナップは1.2gからと比較的重たいラインナップとなっているため、0.2gでフワフワさせる・・・このような状況下では使えません。表層に浮いているメバルをただ巻きで狙う、ボトムに付いているメバルをピンポイントで狙う、このような状況下において、ジグヘッドタケちゃんを活用していきましょう