メバル・アジアイテム

クリアブルー「アジック32」はアジに威嚇行動を行わせるダート系プラグ!その詳細と使い方まとめ

出典:クリアブルー

今回はクリアブルーよりリリースされています「アジック32」のご紹介。アジック32はアジング用に開発されたアジ用プラグであり、ワームで狙うことが主となるアジングにおいて、また違った攻め方をすることができるようになるルアーです。アジック32はダート系のプラグとなっており、エサと認識させて口を使わせるのではなく、所謂「リアクションバイト」を狙いアジを狙うことが可能。

このページではアジック32の詳細や使い方、編集部の一言インプレをまとめていきます

ワームとは違った使い方が可能!アジック32はダート系のアジ用プラグ

出典:クリアブルー

アジングで使うアイテムと言えば「ワーム」ですよね?この事実は絶対的であり、ワームよりアジが釣れるアイテムは他にないでしょう。しかし、ある状況下ではアジがワームに反応しないこともあり、口を使わせることが絶望的になることがあり、そんなときに使いたいのが、アジック32のようなハードプラグです

プラグにはワームのようにナチュラルに口を使わせる能力はそれほど高くないですが、ワームでは出せないプラグ特有のアクションを生み出すことができ、そのアクションによりワームとは違った口の使わせ方をできるのです

 

アジック32はダート用プラグとなっており、つまり「ダートさせてアジのリアクションバイトを狙う」ためのルアー。ワームが静にアジを釣るなら、アジック32が動でアジを釣る。イメージとしてはこんな感じですね。ワームでは出せない動きをアジック32で演出し、ワームでは釣れないアジを取っていきましょう

アジック32の使い方は「ダート」と「ただ巻き」

出典:クリアブルー

アジック32の使い方ですが、アジック32はダート系プラグとなるため、基本的には「ダート」による使い方が基本です。キャスト後にアジがいるであろうレンジにアジックを入れ込み、チョン、チョン、チョンと一定のロッドワークでダートアクションを起こしながら寄せてくればオッケーです。また、ダートの間にフォールを入れることで食わせの間を入れることが可能。

ダート、ダート、ステイ(フォール)、この流れを意識してアジック32を操作することで、より多くのアジをゲットできるでしょう

また、アジック32は「ただ巻き」でも使用可能。ただ巻きでの使用時は緩やかなS字アクションを生み出してくれるため、プラグにてスローに食わせたいときは、ただ巻きでの使い方もオッケーです

アジック32の詳細

詳細
スペック
1.7g
ウエイト
32mm
サイズ
全6色
カラー

アジック32の使い方

1

アジック32の使い方ですが、基本としてはワームを使っておき、ワームのナチュラルアクションでは食わせられないときにアジック32を投入するのが一番。ただ、ワームを使った釣りに飽きがきている人にもおすすめ

2

アジック32の基本的な使い方は「ダート」アクションです。キャスト後にレンジを入れ、チョン、チョンとロッドアクションを入れ、ダートさせましょう。ダートの中にステイを入れ、食わせの間としてフォールを入れるとなおよし

3

アジック32をただ巻きすることで「S字アクション」を演出可。ダートだけでなく、ナチュラルなアジングもカバー

一言インプレ

そもそもアジングでプラグを使う人は少ないですし、正直釣果を伸ばすだけを考えるのであればワーム主体のアジングを楽しむことをおすすめしますが、アジック32を使って思ったのが「何よりアジングが楽しくなる」という点。プラグを使った釣りって、とにかく楽しいんですよ

もちろん、非常にバランスが良いルアーなので釣果面でも申し分ないのですが、何より「使っていて楽しい」を求めている人は、アジック32を使ったアジングを楽しんでみて下さい